【花咲か爺さんが造った幻想風景】梅雨には南沢あじさい山に行こう!

こんにちは、ふくくです。

6月といえば梅雨。梅雨の時期は湿気が多いし、ヘアスタイルも上手く決まらず、気分が下がることも多いですよね。

しかし、梅雨の時期に最高の旬を迎えるもの。それはアジサイだと思うんです。

旦那さん
アジサイといえば鎌倉だよね?ドリカムの「夢で逢ってるから」でも「鎌倉回って江ノ電で旅をした♫曇り空みたかったアジサイには早くて♪」って歌ってるもんね。
ふくく
ふ、古いね…。歳がバレちゃうよ…。

旦那さんの言う通り、アジサイといえば鎌倉が有名だけど、今回はちょっと穴場のスポットに行ってきたよ。

旦那さん
え…、素直に鎌倉に行きなよ。
ふくく
やだよ、人多いの嫌いだもん。
旦那さん
出たよ、ふくくの人嫌い…。

さて、今回私が選んだあじさい穴場スポットは南沢あじさい山です!

東京都はあきる野市深沢、武蔵五日市駅から徒歩40分。実はこちらの山奥に、15,000株もの色とりどりのアジサイが植えられているのです…!

いやぁ、徒歩40分は遠いなぁ…と思ってなかなか足が運ばなかったのですが、なんと今年令和元年から、武蔵五日市駅とあじさい山の間をシャトルバス「あじさい号」が走り始めました!

こういう観光に力を入れて頑張っているところ、何だか応援したくなります…!

武蔵五日市駅は予想外に新しかった。

すごく失礼なこと言うとね、武蔵五日市駅って東京の果て、山奥のボロい田舎駅だと思っていたんです。

でも、着いてビックリしました。駅舎がすごく新しいぞ!利用客もかなり多く、登山客だらけでした。あきる野市も奥多摩同様、観光に力を入れているようです。

 武蔵五日市駅からは「南沢あじさい山」だけでなく、パワースポット「払沢の滝」や「神戸岩」にも遊びに行けるよ!レポはこちらからどうぞ!

【東京の隠れたパワースポット】神戸岩&払沢の滝を探索してみた

2019-06-25

古き良き食堂が多いな〜と思ってウロついていると…ありましたよ、いい感じの蕎麦処「柳屋が。武蔵五日市駅から徒歩1分です。

入ったのは14時半ごろでしたが、まだ店内はワイワイ混雑していました、人気のお店なのかしら。右手の庭にはワンちゃんがいました!かわいい!✨

今日頼んだのは「そば弁当(1,100円)」です。天ぷらが揚げたてサクサクで美味しい…!蓼の天ぷらも入っていました、山の幸満載で大満足でした!

あじさい号の本数が少ない…。

腹ごしらえが済んだら、いざあじさい山へ!

「あじさい号」乗り場は、観光協会の脇にございます。しかし、利用客もまだそれほど多くはないからか、1時間に1本、多くて2本しか出ていないので、待ち時間がだいぶできてしまいました…。

待ってる時間ももったいないので、行きは歩くことに!

バスで行かれる場合、ICカードと両替が不可のため注意!250円を小銭で用意しておきましょう。
画像引用元:南沢あじさい山公式サイトより

駅北口に出ると、すぐそこは住宅街でした。秋川渓谷の景色がまた、綺麗なんだよなぁ…!

車はほとんど通りません。人も全然いないのでとにかく静か。東京都内とはとても思えない、田舎のばあちゃん家にでも帰ってきた気分です。無人の大根売り場もありましたよ。

あじさい山に到着!

山道を40分ほど楽しむと、あっという間にあじさい山に着きました。

受付テントが入り口右側にあるので、こちらで入園料を払い、入園の印として赤い紐をもらって腕につけます。

あじさい山の入り口は、とてもこじんまりとしていて始めは気づきませんでした!結構傾斜が急だからか、木の杖も置いてありましたよ。

中に入るとまず迎えてくれるのが、赤い小ぶりの花をつけたあじさい。あじさいというとボンボン手毬のような形をしたものが一般的なので、こういうスタイリッシュな形の品種もあるんだなぁと驚き。

お次は、珍しい真っ白な花をつけたあじさい。日本ではあまり見ないような…。花びらが白いだけであじさいのイメージが全然変わります、可愛らしいですね。

斜面にはウッドチップが敷かれていますが、雨の翌日は滑る&靴に泥がつきます。汚れてもいい運動靴で行くことをオススメします。

南沢あじさい山の驚きの秘話!

奥に進むと「ちゅういっちゃんの畑」という看板が見えてきます。

ふくく
ちゅういっちゃんって誰だろう…?

実はこのアジサイ、全て「ちゅういっちゃん」こと南澤忠一さんが、40年以上前からたったひとりで植え続けてきたそうなんです!

旦那さん
え、この見渡す限りのアジサイ全部をひとりで!?

何でも、50年近く前に庭に生えたアジサイの花を山中に植えたところ評判が良かったことから、毎朝4時に起きて欠かさず挿木や手入れを続けてきたんですって。そして気づけば1万本。まさに現代の花咲じいさんというわけですな。

しかし、南澤さんもお歳が90近くになられ、これ以上お一人で管理維持を続けるのが難しくなりました。

そこで持続的な運営と次世代への技術継承を目指して、クラウドファンディングや自治体などの協力を得て「南沢あじさい山」を観光名所としてPRし、入山料を設定したそうです。

そんな背景事情を聞いていると、このアジサイもひときわ綺麗に見えてくるものですね!

このあじさい山、全体がヒノキの木に覆われ比較的暗いのですが、木々の隙間から太陽の光が差し込み、あたり一面のあじさいがサーッと照らされる風景がとても幻想的

ここが普通のあじさい園とは違う、「あじさい山」ならではの魅力だと思います。

皆さまもこの梅雨の見頃のうちに、「南沢あじさい山」で色とりどりのあじさい、ぜひ楽しんで下さいね!

ふくく
受付では、あじさい山のあじさいで作ったちゅういっちゃんのアマチャも販売されているよ!粉末も販売されているからぜひ買ってみてね。

ではでは!

ペットのゆきちゃん
ランキングに参加しています!

よかったらポチッと応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ


にほんブログ村


旅行・観光ランキング

「今週末は予定入ってないな…どこに行こうかな?」、「大人も子供も楽しめる遊びってないかな?」

そんな時にオススメなのがこちら、遊び体験・レジャー予約サイト「asoview」!

場所や遊びの種類から簡単検索可能、期間限定割引プランも満載です。デートや友人、ご家族で様々なアクティビティに挑戦してみて下さい!

ふくく
「asoview」を使うメリットについてまとめた記事はこちらをどうぞ!

【最大50%OFF】日本最大級遊び予約サイト「asoview!」のここがすごい。

2019-07-03

ご案内

南沢あじさい山

  • 入山時間:8:00 〜 17:00 (平日・土日祝日)
  • 入場拝観料
大人:500円 子ども:300円
※2019年 6月8日(土)〜 7月7日(日)のアジサイ開花シーズンのみかかります。
  • 所在地:〒190-0172 東京都あきる野市深沢368

蕎麦処「柳屋」

  • 営業時間

平日 8:30〜14:00
土 8:30〜17:00(LO16:30)
日・祝日 11:00〜18:00(LO17:30)

  • 定休日 月・火曜日
  • 住所 東京都あきる野市舘谷218

2 件のコメント

  • 京都だと三室戸寺なんですけど、南沢あじさい山の方が趣きがありますね。花咲じいさんが作られたと思うと行きたくなります。

    • 早速コメントありがとうございます!
      三室戸寺は宇治にあるのですね、調べてみるにやはり京都の名所はどこにせよ圧巻という感じですが・・!笑
      今度ぜひ伺ってみたいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です