【コスパ最高レジャー】子どもが大興奮の足立区生物園に行ってきた。

旦那さん
上野動物園に行きたいな〜。
ふくく
上野動物園はこの間も行ったじゃない。混みすぎてて動物見てるのか、ヒトを見てるのかわかんないよ。
旦那さん
出たよ、人嫌い…。
ふくく
だって、あそこ土日に行くと、満員電車みたいじゃない…?

皆さんこんにちは、ふくくです。

動物が大好きな私ですが、混んでる場所はニガテです。ゆっくり落ち着いて動物ちゃんを見られる場所(ついでに安上がり)はないかしら…?とネットの海を彷徨っていると…。

見つけました!「足立区生物園」!

旦那さん
足立区?しかも「眠らない街」竹の塚…。大丈夫なのそこ…?
ふくく
失礼な!安全で動物もたくさんいる生物園ですよ!(夜はわかんないけど…。)

竹の塚は利便性が良さそうな町

竹の塚駅に着きました。

今回初めて降りたのですが、思っていたより賑わっていますね。月曜から夜更かしで「眠らない町」として紹介され、治安が悪いイメージが広がってしまったようですが、昼間はそんな影もなくビジネスマンが颯爽と歩いていきます。

チェーン店含め、食事処が充実しているのがいいですね。ヨーカドーやスーパーもあって買い物にも困らなそうですな。

恒例の腹ごしらえタイム!今日も暑い日ですが、暑い時こそ熱いラーメンが食べたくなる。

今日は、竹の塚駅周辺で人気のラーメン屋「しおの風」に行ってみました。

人気No.1メニューは「特選塩ラーメン(900円)」とのことなので、素直にこちらを注文します。大盛は無料らしいです。注文してから出てくるまでがとても早かったですね。

水菜とお麩が入ってますね…、赤いのはクコの実でしょうか?なかなか見ない組み合わせです。

まずはスープを1口。見た目通りあっさり系ですが、ダシがしっかり効いており塩味も程よく、味がまとまっています。麺も細すぎず太すぎずちょうどいい固さ。お麩にスープがたっぷり染み込んで美味しいです。

これ、チャーシューは鶏肉を使っているのかな?最近のラーメンにしては脂っこくないので女性も食べやすいと思います。まさに暑い夏にぴったりのラーメンという感じ。

無料のトッピングで練り梅、柚子胡椒、ニンニクチップが置いてあり、途中で足すとまた一味違った味わいが楽しめます。

ラーメンなので当然中華ベースなのですが、練り梅や柚子胡椒を足すと和の風味も出てきます。他のメニューを見ると「トマトとアンチョビスープのつけ麺」など洋風のラーメンもあり、いろんな意味でニュータイプのラーメンでしたね。非常に美味しかったです、ご馳走さまでした!

大人から子どもまで楽しめる元渕江公園

駅から歩くこと15分。生物園に着いた!と思いきや看板に書いてあるのは「元渕江公園」。

この辺は公園が多いので、間違って来ちゃったかな?と思いましたが、実は「元渕江公園」内に足立区生物園があるのです。公園自体は1969年に造られたらしいです。だいぶ古い公園なんですね。

園内には大きな釣り池が広がっており、岸で釣り糸を垂らすおじさん達がたくさんいます。広場では子供達がサッカーしたり鬼ごっこしたり、平日ながらとても賑わっていました。

都内ではちょっと遊ぼうにも、コンクリートで舗装された道ばかりで草原がほとんどないので、こうやって子供達が思い切り外で遊べる場所があるのは、とても良いことですね。

また、木々の奥から何やら切ない音楽が聞こえてくるので近寄ってみると、おじさんがひとりベンチでアコギを生演奏されていました!

ギターに詳しいわけではないですが、普通にうまかったのでしばらく近くのベンチに座って聴き入ってしまいました笑

空、海、陸の全ての生き物を楽しめる「足立区生物園」

生物園に入るとすぐ、ホールが広がっています。奥には大きな水槽。何がいるのかな〜と近寄ると金魚!こんな大きな水槽に金魚を泳がせているのは初めて見ましたよ。

平日なのに結構お客さんが多くて、特に子ども達の多いことよ…。

みなさんもご存知の通り、子ども達は「子どもロケット」という必殺技を繰り出して来るので、子供が怪我をしないためにもあなたが社会的に死なないためにも、足元には注意しましょう。

さて、ホールの天井付近にはグルッと細い網の筒が回されているのですが、何かと思って見たらシマリスさんの通り道だそうです!

今日は残念ながら通っているところは見られませんでしたが、ケージ内で毛づくろいしている御姿は見られました!

お次は「標本コーナー」に向かいます。

虫や貝、爬虫類など様々な生き物の標本が展示されていましたが、中でも驚いたのはチンチラの標本!なかなか見ないですよね、チンチラの標本なんて。

ふくく
うちで飼っている2匹も中身はこんなことになっているのね…。

子供達は、普段標本なんてなかなか見ないのか、意外にも大はしゃぎしてましたね笑

お次は、熱帯魚や両生類・爬虫類ごちゃ混ぜの展示室へ。このカオスな感じ、どうぶつの森の博物館を想起させてくれます。個人的には好きよ、こういうの。

入って真ん中にダーンッと鎮座している大きな砂と岩のガラスケージ。

リクガメのお家かしら?と思って近づくとなんとチンチラのお家!アンデス山脈の高地を再現しているわけですね〜。まさにチンチラの天国…!

ちなみに、16時からはチンチラの餌やり体験ができるのですが、私は毎日家で餌やりしているので、今日はキッズに譲りました笑

チンチラ以外にも、アーチャーフィッシュ、リクガメ、ヘビなどの餌やり体験ができますよ。

当のチンチラさんはまだお昼だから眠りこけていましたが、こんなに大きなお家に住めてよかったねぇ…。うちの子達も私が大金持ちだったら、こんな所に住ませてあげたかったわ。

それから爬虫類コーナーにはこんなに大きなヘビたちも。黒光りしてグロテスクですね〜、でも目はつぶらで可愛いのよね。

しかし、海の生き物も負けてませんよ。

最近爆発的な人気が出てきた深海のダンゴムシ「オオグソクムシ」、定番の「タカアシガニ」や「アメリカカブトガニ」。海のギャング「ウツボ」もいらっしゃいました。まるで小さな水族館ですね。

ふくく
見ていると背筋がざわざわとしてくる奇妙な感覚が、たまらない…!

さて、ホールを出て大温室に向かいましょう。

温室入り口にはキュートなお猿さんがいて、食べている餌を見せつけて煽ってきてくれます。

温室内では蝶の舞う姿を間近で見られます。ケージの中の蝶ではありませんよ。温室中を飛び交っています!

これも子供たちはもう大はしゃぎで、蝶を追いかけ回したり捕まえたりしていましたが、触ると飛べなくなってしまうのでやめてあげてね💦

この蝶々たちは、実はこちらの生物園で羽化したものを、この温室内に解放して飼育しているのです。毎日15:30から、羽化した蝶を飼育員さんと共に温室に放すプログラムもあります。

1階には、蝶の飼育室がありますよ。

温室を出ると、突然オーストラリアの生き物コーナーが出現します笑

カンガルーやオカメインコがいるのですが、何でも足立区とオーストラリアのベルモント市は姉妹都市らしく、交流の一環としてこうしてオーストラリアの生き物を展示しているのですね。

さらに奥に進むと、モルモットなどの小動物に触れるふれあいコーナーもあります。

ここでも全モルモットが子供たちに席巻されていたので、おばさんは諦めて尾が綺麗なチャボと、自分と同年代の馬を眺めて楽しみました。

建物を出ると、池のある庭園や昆虫の温室もあります。昆虫は隠れるのが上手いからか、なかなか見つけられなかったですね。

しかし、子供たちは結構すぐに見つけていたから、私の心が汚れて見えなくなってしまっただけかもしれません。

2階には休憩スペースとお土産屋さん、オムツ替えコーナーもあるので、子供連れのパパママも安心です。食堂はないですがテラスもあったから、お弁当を持ってきて食べてもいいかもしれませんね。

パンダもゾウもいいけど、たまにはこんな小さな生物園もいいよね。

上野動物園でパンダを見るのは私も大好きなんですが、たまにはたった300円で、ゆっくり動物と触れ合うのも楽しいんじゃないでしょうか?

足立区生物園のいいところは陸の動物だけでなく、海や川の動物まで幅広く楽しめるところだと思います。正直、こんな街中の小さな生物園に、アロワナやカンガルーがいると考えただけで楽しい気持ちになりました。

直近のオススメイベントでは、6月15日(土)~7月7日(日)の土・日はホタル観賞会を開催しています。
※13:00~16:00の間で30分おきに実施。

ホタルなんて都内じゃもうどこでも見られませんし、今まで一度も生で見たことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか?この機会にぜひぜひ。

ではでは!

ペットのゆきちゃん
ランキングに参加しています!よかったらポチッとよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 その他生活ブログ レジャー・娯楽へ


にほんブログ村


自然体験ランキング

「今週末は予定入ってないな…どこに行こうかな?」、「大人も子供も楽しめる遊びってないかな?」

そんな時にオススメなのがこちら、遊び体験・レジャー予約サイト「asoview」!

場所や遊びの種類から簡単に検索可能、期間限定割引プランも満載です。デートや友人、ご家族で様々なアクティビティに挑戦してみて下さい!

ふくく
「asoview」を使うメリットについてまとめた記事はこちらをどうぞ!

【最大50%OFF】日本最大級遊び予約サイト「asoview!」のここがすごい。

2019-07-03

ご案内

足立区生物園

  • 営業時間
2月~10月9:30~17:00
11月~1月9:30~16:30
  • 定休日:月曜日(※休日及び都民の日(10月1日)は開園し翌平日に休園)/年末年始(12月29日~1月1日)
  • 入場料(1日券)
大人(高校生以上)300円(200円)
小人(小中学生)150円(100円)
  • 駐車場:第1駐車場19台、第2駐車場10台(8:00〜22:00:30分100円/22:00〜8:00:60分100円)
  • 住所:〒121-0064  東京都足立区保木間2丁目17番1号 

ラーメンしおの風

  • 営業時間:11:00〜25:30(LO25:00)
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:店舗裏手に有り
  • 住所:東京都足立区竹の塚6-24-16

4 件のコメント

  • こんにちは、初めてこちらのブログを拝見させて頂きました。
    動物達の写真の撮り方や分かりやすい文章でとても興味を
    引かれました。
    地方住みなので東京に行く機会があればこちらのブログを
    参考にします。

    • コメント嬉しいです!ありがとうございます✨
      しかもお褒めの言葉まで頂いて恐縮です(//∇//)
      これからも見やすく、わかりやすいブログにしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

  • 島から覗きに来ました。
    生き物大好きなので行ってみたいです。
    素敵な場所を紹介して下さってありがとーございます

    • 島からお越しいただいたのですね、こちらこそコメントまで頂いてありがとうございます!✨
      足立区生物園はそれほど混雑していないので、ゆっくり生き物観察するのに向いていると思います!
      ぜひ遊びに行ってみてください〜(*´꒳`*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です