camwayのキャンプストーブを使って焚き火をしてみた。

こんにちは、ふくくです。

前から興味があった「CAMWAY  キャンプストーブ」を購入したので、これを使って調理ができるかどうか自宅で試してみました。

収納時は手に乗るサイズで、560gと軽量。持ち運びに最適です。お値段も2,250円とお手頃でした。

小型なので調理のメインを張るわけではないけれど、サイドとしてお湯を沸かしたり、寒い時期に暖を取ったりするのに役立つかなと思い、購入してみました。

もし調理には使えなくても、キャンプに華を添える意味で、やはり火はあった方が雰囲気も格段に違います。

開封するとこんな感じ。これが全部手のひらサイズに収まっていたかと思うと、なんかテンションが上がります。

2タイプの組み合わせ方があり、小枝を燃やすウッドストーブor固形燃料を燃やすストーブとして使えるようです。

ウッドストーブは調理よりも焚き火向き?

まず、紙くずと小枝を燃やしてみることにしました。

最初は、紙だけを投入してライターやマッチで着火します。底が深いのでロングライターがあると便利ですね。

しかし、紙に火をつけてもすぐに消えてしまい、なかなか燃え上がりません。

うちわで扇いだり、息を吹きかけたりして風を送ってみましたが、すぐに火が消えてしまいます。

ふくく
もしかして、むしろ風が邪魔なのかな…?

そこで風除けをしてみると、勢いよく燃え上がってきました!

小枝を投入すると、いい感じに燃え上がります。二次燃焼もバッチリ見られました。美しいですね。

二次燃焼とは?
一次燃焼では燃焼しきらなかったガス再度燃やすこと。
通常火室分離して二次燃焼室を設け再度空気注入して燃焼をより完全なものに近づける。 この二次燃焼の効率上げるためにコンバスターなどの触媒装置が使われる物と、二次燃焼室に空気送り込むことにより燃焼促す方式大きく分けて二つ方法がある。  燃焼効率高め燃焼によって発生する廃棄物量を減らし、排煙の中の不純物を燃やし環境汚染最小限抑えるシステムである。 エネルギー節約する優れたシステムだ!

Weblio辞書「二次燃焼」より

しかし、燃焼力が高すぎてすぐに小枝が燃え尽きてしまいました。

この様子だと、燃焼させ続けるには大量の小枝が必要な気がします。

しかも、料理をするとなると上に鍋を置かなくてはいけないので、小枝を入れる度に鍋を除ける必要があります。

個人的には、このストーブで小枝を燃料に料理をするのは難しく感じました。焚き火として楽しむには充分ですけども。

ちなみに、燃え後はしっかり灰になりました。

固形燃料は着火がカンタン

そこで、今度は固形燃料を使用してみました。

1人用鍋に使うタイプの固形燃料です。旅館の夕飯などに使われているのをご覧になったことがあるかと思います。とても軽いので、持ち運びに便利です。

このキャンプストーブ、固形燃料を使う用の受け皿が付属しているのですが、これを入れると固形燃料が1個しか入らないので、今回は使わないことにしました。

燃料は2つ入れてみましたが、サイズ的には3つ入りそうですね。

固形燃料に着火します。

ゴトクを乗せて、500ミリくらいの水を入れた鍋を設置すると、6分くらいでボコボコ泡が立ってきました。吹きこぼれるほどには沸騰せず、ちょうどいい具合でした。

これで、キャンプに持って行ってコーヒーを飲んだり、カップラーメンを作ったりして食べることができますね。

火自体は、20分程度たってもまだ付いていました。2個だけで2回くらいお湯を沸かせるのではないかと思います。

固形燃料は煙が出ないので、鍋の裏にススがつかないのもいいですね。

さて、この固形燃料だと着火も簡単で、失敗はほぼないと思うのですが、ちょっとキャンプ感が不足している気がしたので、炭焼きも試してみることに。

炭は普通のサイズだと大きくて入りそうにないので、愛用のマメタンくんを3個入れてみました。

マメタンは5秒で着火する有り難い炭です…。

前からやりたかった、ツナ缶飯をやってみます。

ツナ缶にマヨネーズをかけて、溶けるチーズをこれでもかというくらい乗せます。最後に乾燥ネギを振りかけて火にかけます。

食べてみると想像以上に美味かったです。ツナ缶の脂がパチパチと爆ぜる音が耳に心地よいですね。食パンとかに乗せて食べても美味いと思います。

ただ、熱しすぎると脂が跳ねて来てめちゃくちゃ熱いので、食べる時はストーブから降ろして食べたほうがいいと思います。

一応、ゴトクを乗せてフライパンでも調理ができるか試してみました。

炭が足りなそうなので2つ足します。

卵を割り入れて目玉焼きに挑戦。

火力がちょうどよかったのか、普通にガスコンロで焼くより、ずっと綺麗にできました笑

というわけで、ウッドストーブとして調理に使うのはなかなか難易度が高そうでしたが、固形燃料や炭を使えば簡単な調理ができそうです。

まぁ、BBQコンロがあれば間に合うのでは?という話ではあるんですけど、キャンプで朝ごはん食べるのにわざわざBBQコンロ立ち上げて、火起こしするのも大変なので。

これだと小型で片付けも簡単だし、キャンプだけでなく登山やツーリング、釣りでも使えると思います。

最後に、ストーブのサイズ的に、ロゴスの「ミニラウンドストーブ」が入りそうと思ったのですが、入れてみるとピッタリはまったので持っている方はぜひ使ってみて下さい。

ではでは。

にほんブログ村 アウトドアブログへ


にほんブログ村


ソロキャンプランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です